卓球ラバーの選び方|卓球ラバーの貼り替え時期

卓球用品専門店 激安通販ショップのSakura Table Tennisは、ラバー,ラケット,ユニフォーム,シューズ,ボール,タオル,ソックス,ゼッケンピン,接着剤など、あらゆる用具で卓球を愛する皆様を応援します!
卓球用品激安通販ショップ Sakura Table Tennisは、皆さんの大切な用具を、大切にお届けします。
バタフライ Butterfly タマス ニッタク Nittaku TSP ヤマト卓球 VICTAS XIOM ヤサカ Yasaka ジュウィック JUIC スティガ Stiga アンドロ Andro ダーカー Darker ドニック Donic ヨーラ Joola アシックス Asics アームストロング Armstrong
ラケットぶつけた…
ラバーも色々試したい!
ユニフォームも欲しい♪

卓球用品の通販で日本中の卓球愛好者を応援します。

ラケットやラバーって思ったよりも高い!
なかなか近くに卓球用品店もない…。
当店の通販は、大切な卓球用品を大切にお届けします。
安心してご利用ください!


当店イチオシ!

卓球ラケットの選び方
Sakura Table Tennis がオススメする卓球ラケットの選び方
卓球ラバーの選び方
Sakura Table Tennis がオススメする卓球ラバーの選び方
卓球ラバーの交換時期
卓球ラバーの交換時期について
卓球なんでも豆知識
卓球なんでも豆知識



 
  TSP ヴェンタス ベーシック  
 
  アンドロ 【限定】 ラザントTシャツ 【在庫限り】  
 
  【限定品・早い者勝ち!】DONIC USソックス Mサイズ  
 
 

最近チェックした商品

 

 卓球ラバーの選び方 > 卓球ラバーの貼り替え時期について

卓球ラバーの貼り替え時期について

 卓球ラバーはゴムとスポンジから出来ていますので、どんどん劣化していきます。
 また、台にぶつけてしまったりすることで、周りの部分が破損して欠けてきてしまったりします。

 ラバーは高価ですので、出来るだけ長く使いたいですが、性能が劣化したり破損したラバーで練習し続けるのは良くありません。
 きちんと劣化を見極めて、プレーに影響が出ないようにしたいですね。


 ■劣化の見分け方

 劣化した卓球ラバーのイメージ
 写真のように、ツブツブが白く透けて見えてきたら劣化しています。
 表面も指でなぞると、引っ掛かりが少なくなっているのが分かると思います。
 こうなると、ラバーの性能は十分に発揮できなくなりますので、貼り替えたほうが良いでしょう。

 練習では別に劣化していても良い、という方もいらっしゃいますが、練習と試合でラバーの性能が異なってしまうと、サーブが入らない、ブロックがオーバーする、など、普段の力を出せなくなってしまいます。
 出来るだけ、試合と同じ状態で練習したいですね。


 ■傷の度合いについて

 破損した卓球ラバーのイメージ
 写真のように、ラバーの周囲に欠けがあると公式大会には出場できません。
 もちろん、内側の打球面に小さくても傷がある場合は、打球に影響するため、試合では使うことが出来ません。
 練習では問題ないですが、試合に出る前には必ず貼り替えましょう。

 公式大会はもちろん、そうでなくとも大きな大会では、ラケットチェックが入ります。
 ラケットチェックが入り、代わりのラケットを用意できなければ失格となってしまいます。

 特に子供や、前陣でプレーする選手は台にぶつけて破損させることが多いと思います。
 そういう場合は、スペアラケットを準備することをお勧めします。
 練習用と試合用に分けておくことで、思う存分練習することが出来ますよね(^^)

 結果的に、費用が少なくてすむ、ということになるケースが多いです。


 ■おおよその貼り替えサイクル

 練習量によって大きく異なります。
 ラバーの種類によっても耐久性は変わってきますので、あくまでも目安と思ってください。
 ラバーの目が出てきた、いつもより引っかからないなぁ、と感じたら、貼り替えのサインです。

 ○一日1〜2時間回の練習
  3ヶ月程度で劣化してきます。

 ○一日2〜3時間の練習
  2ヶ月程度で劣化してきます。

 ○一日3〜5時間の練習
  1ヶ月程度で劣化してきます。
  ※ラバーによっては2〜3週間


 卓球ラバーの選び方 > 卓球ラバーの貼り替え時期について

ページトップへ